国民年金の免除について

国民年金は経済的な理由により支払うことが困難な時には、免除を受けられる制度があります。
毎年7月から申請を受け付け開始し、免除が認められると7月から翌年の6月までの期間、国民年金を支払わなくても年金を支払うべき月数にカウントされます。
免除には全額免除の他、半額免除、4分の3免除などがあります。
どの割合の免除になるかは前年の所得によって決まるので、申請すれば毎年審査が行われます。
免除を受けると、受けた期間の分将来もらえる年金額は下がります。
免除を受けた場合、将来の年金額を増やすために残りの年金を後から納めることもできます。
しかし、支払期限から2年を経過したものについては元の年金額より何パーセントか多く支払わなければなりません。
これらの制度はお金に困っているときにはとても助かる制度だと思います。
家族にバレずに借金返済

しかし、将来の年金額が下がってしまうので、後納するか将来に備えて貯蓄することが大切になると思います。
国民年金はとても高いので、失業したときや派遣社員で次の派遣まで間があくときは申請しないと厳しいと思います。
申請せずに未納にしておくより、免除申請をして年金の一部でも納めておいたほうが未納扱いにはならないので、支払いが難しいときは申請したほうがいいと思います。